TOP >  中高年の脱毛事情 >  更年期になると毛深くなる

更年期になると毛深くなる

「更年期になると毛深くなる」について
一般的に45歳から55歳ぐらいの期間は「更年期」と呼ばれいて、この期間に女性には様々な体調の変化が現 れます。白髪が増える・肌が衰えると言った外見に関わることから、冷え症や頭痛、血圧の変化・疲労感など体 の内側に関することまで、さらには「躁鬱」といったメンタル面に至るまで、個人差はありますが大なり小なり の変調が現れるそうです。このような症状を「更年期障害」と呼びます。かつては女性にだけあらわれる変調と 思われていましたが、最近は男性でも更年期障害を訴える患者さんが増え、広い意味では「更年期障害」=「加 齢」によるホルモンバランスが引き起こす体調の変化を指します。女性の場合の更年期障害の主な原因は、女性 が閉経を迎えることでそれまで一定だったホルモンバランスが崩れることにあります。更年期になると毛深くな る人は結構多いと言われていますがその原因は、体毛の発毛を司る「男性ホルモン」が「女性ホルモン(エスト ロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン))が少なくなることで、その働きが顕著に見られる ようになることにあります。また、若い世代でも出産や妊娠などの一時的なホルモンバランスの変化により体毛 が濃くなることはよくあります。特に多いのが口周りの産毛が濃くなってヒゲのように見えてしまうもの。女性 は毎日メイクするし人の目にもつく場所だから、困りものですよね。頻繁にカミソリでのケアをしていたら肌を 傷めてしまった。。。という人もいるので、こういう場所こそ脱毛サロンでのきちんとしたケアを受けたいもの です。しかし、顔はデリケートな部分のため脱毛箇所から外しているサロンもあるので入会の際には必ず確認し てくださいね。また、妊娠・出産前後や更年期の時期は女性の肌もデリケートになっているので、施術前にサロ ンとのカウンセリングをしてください。気分も落ち込みがちな更年期を、脱毛サロン通いで上手に気分転換しな がら乗り切ってくださいね。
ホットフラッシュやのぼせ、めまいや冷え症など、さまざまな症状を引き起こす「更年期」。病院の「更年期外来」 を受診する患者さんの数は年々増えています。その主な症状や原因などを考えてみました。