TOP >  中高年の脱毛事情 >  昔から毛深くてコンプレックスだった

昔から毛深くてコンプレックスだった

「昔から毛深くてコンプレックスだった」について
女の子って中学生ぐらいから自分の体について色々悩みや不安が出てくるもの。特に「ウデが毛深いから制服が夏 服の半袖になるのがイヤだった?。」という女子は、クラスに何人もいました。ワタシが高校生だったその昔は、 貼って剥がすタイプの脱毛テープや脱毛ワックスでケアするのがポピュラーでした。中には消毒用の薬剤で「脱色」 させている子もいましたが、今考えるとお肌には相当ダメージだったはず。シェーバーでケアしている子の中には、 肌が赤くなって「カミソリ負け」してる子もいました。もっと大人になってくると、気になりだすのは背中。海で 水着になったりお友達と温泉に言ったりと、楽しいレジャーのはずがムダ毛が気になって楽しめないなんてもった いないですよね。しかも背中は腕やスネと違って手も目も届かない・・・・となれば、ここはプロに頼るのが一番 です。脱毛ケア済みの立場から言わせてもらえば、「腕もスネもどうしてもっと早く脱毛サロンに行かなかったん だろう!?。」と後悔の一言に尽きます。自己処理はそのときは楽にお手入れできても、定期的にケアを繰り返さ なければならないし、そのケアにかける時間と面倒臭さプラス仕上がりのキレイさを考えると、圧倒的に脱毛サロ ンでのケアがオススメです。昔から毛深いのがコンプレックスだったあなた!今からでも遅くありません。ぜひ脱 毛サロンでのケアにトライしてみてください。そして、もしあなたが女の子がいるお母さんなら、ムダ毛がお子さ んのコンプレックスになる前に脱毛のコトを一緒に考えてあげてください。最近はダンスやスイミングなどの習い 事が人気ですが、小学生低学年でもレッスンと並行して子供向けの脱毛サロンに通うお子さんも多いとか。お子さ んと一緒にサロンに通って二人ともスベスベ・ツルツルのお肌を手に入れるっていうのも、楽しいですよ。
ムダ毛は、今も昔も女の子の悩みの種・・・。脱毛テープやワックス、シェーバーなどのお手軽ケアが一般的な 一方で、最近は小学生から通えるキッズ脱毛も注目を浴びています。ママも負けてはいられません!!