TOP >  中高年の脱毛事情 >  美魔女ブーム

美魔女ブーム到来で40代の脱毛サロン通いが増える!

「美魔女ブーム」について
数年前から流行っている「美魔女」なるキーワード。一時は雑誌やワイドショーなどでも見かけない日はないく らいでした。「実際の年齢にはとても見えない若くてキレイなヒト」を表す言葉としてすっかり定着し、そのブー ムも最近はやや落ち着いてきた感がありますが、30代以降の女性にとっては、美容法やコスメ用品などにこの 言葉が付いていると「なんだか効きそう。」と、思わず試したくなる効果があるようです。各雑誌にはそれぞれ お抱えの読者モデルという名の「美魔女」が何人もいて、それぞれのライフスタイルやこだわりの美容法などを 語らせたりしています。プロのモデルではなくあくまでも「読者モデル」というのがミソ。ママ友とのランチ会 のノリでプライベートもある程度オープンにさせたりして読者に「ワタシと同じ男の子2人のママなのね!」とい った親近感を持たせることで、「ワタシもがんばればコレくらいまでならキレイになれるかも・・・。」と、軽 い対抗意識を煽り、その結果雑誌の次号や掲載商品の購買意欲をアゲさせるという訳です。それにしても、画面 や誌面でみる「美魔女」さんたちは、ほんとうにキレイ。それもそのはず、彼女たちのプロフィールには、元C Aとか会社経営とか開業医の妻とかキラキラまぶしい文字が躍っています。つまり、もともとの地顔が良いとか お金と時間に余裕がある人たちという訳です。「なぁーんだ、じゃぁ、フツーのサラリーマン妻のワタシは美魔 女にはなれないじゃん!。」と、がっかりしないでフツーのワタシタチに出来るところから美魔女に近づこうじ ゃありませんか。例えば、脱毛。今の美魔女世代が20代だった頃のワキ脱毛は、痛くて料金が高く予約が取れな い事もありました。そのせいでサロン通いをあきらめ自己処理で済ませて今に至っている人は、ここ数年の脱毛 業界の「価格破壊」はビックリすることでしょう。もちろん技術も発達して「痛さ」も激減。「もっと早くから 脱毛サロンに通っていればよかった!。」と思うことマチガイなしです。見えるところはもちろん見えないとこ ろのケアも抜かりないのが美魔女の鉄則。美魔女への第一歩を脱毛から始めてみては?
2009年、某女性ファッション誌から生まれた「美魔女」。テレビに雑誌に多くの美魔女さんが活躍中ですが、中 には海外にファンクラブが出来ている美魔女さんもいるとか。まずは脱毛して、美魔女への一歩を始めましょう!